小学生の青姦です。

私が声をかけたら小学生は青姦する気になったのです。
すっかり日が暮れて辺りは真っ暗な時間になって2人は抱き合ってました。
その日は通りを歩いていた小学生と青姦をしたのでした。
野ションしているところを見つけて気付かれないように盗撮しました。
私は小学生の青姦の動画を見て快感を味わっていました。
無理やりレイプされ、絶対に逃げる事ができない状態にするため縛られたのです。
彼らの言うことを聞かないと、もっと酷いことをすると脅されているみたいです。
時刻は学校終わりの放課後でした場所は人目には中々付かないがスリルが味わえる草むらでした。
そこで、お尻を突き出すように言われました。
外まで追いかけてきて草むらの中に倒されて小学生は青姦されたのです。
盛りのついた相手はそのまっま生挿入してきたのです。
そして2人ともその快楽には耐え切れず射精をしてしまうのでした。
裸の無防備の状態でいきなり2人の男に襲われれば、パニックになり抵抗できませんでした。
私は後でハメ撮りされたのが分かったのですが、もしかしたら逃げられたかもと思うと後悔でその場に座り込んでしまいました。
ですが、一日中、誰もいないことをいい事に、1時間経ってもまだ女子と公園でイチャイチャし続けていました。
もう抵抗は一切せずにフェラするように言われて、それに応じているしザーメンを美味しそうに飲んでいたのです。
生で中出しの要求にも普通に従ってしまい、その後、数ヶ月たつのに生理が来ないことが分かったのです。
その気持ちを抱きつつも仕方なく青姦を続けていたのです。
ある日、私と会った時に急にセックスしたくなったのでしょう。
私は小学生の青姦の動画を見て、その甘い快感で頭の中がいっぱいになりました。
服の上から、まんこを触られ、パンツを脱がしてきました。
もちろん私は全力で抵抗し、叫びましたが、全く聞く気配がなく、非常に乱暴でした。
襲われながら、今ならまだ、元の関係に戻れると何度も叫んだ所、ギリギリの所で逃げることができました。
でも、生ハメされないように抵抗した際に怪我をしてしまいました。
妊娠はしなかったとはいえ、充分にエッチなことをされました。
私はとにかく無修正のDVDを見るたびにそれを思い出して恐ろしくもあり、何より許せません。
あまりのショックに私は、お休みしています。
でも、相手は平気な顔で自分のしたことへの自覚も無く平然と裏ビデオを見てオナニーをしているらしいです。温かくなった春先に外で色々な活動をしている時にちょっとムラッ気が起きて、物陰に誘い込んで、小学生と青姦してしまいました。
後から知り合いに聞いたところ、前々から手グセが悪いことで有名なようで過去に同じことをしたらしいのです。
おっぱいを噛まれた跡が残っているので、間違いなく犯されてきたことがわかったのです。
その時に破られた下着とかパンツは残してあります。
勢いでしてしまったとはいえ青姦をしてしまったことを誰にも言えずに不安な日々を送っています。
その日から一年がたち、やっと人にも話せるくらいの状態に落ち着きました。
街中や公園で楽しそうに話しながら歩いているところを尾行されたみたいです。
すると突如パンツを脱いでしゃがみこみなんと野外で放尿を始めたので、こっちがびっくりしてしまいました。
私は無修正のDVDを見たくて探したのです。
して、ただ気持ちのいいというだけなら小学生の青姦の動画を見るだけでも、それは味わえるかもしれません。
私は遠くに行くつもりだから、しばらく会えないからと言って、それを言い訳にハメ撮りをしてもらおうと考えたのです。
大きくなったら、きっと私のことは忘れるだろうから思い出を作ろうとしてザーメン中出ししたのです。
処女喪失することになるだろうけれど、初めての相手は私だということだけは忘れて欲しくなかったのです。
いきなり裏ビデオを見たいと言われても、今は持っていませんでした。
きっと、普段はいかにも経験が無いように純情に振る舞まっているのに町中の階段の下などの人目のつかない所で青姦をしていたなんて想像できなかったのです。
私たちはsexがいつでもできる関係なので、私は何をされても嫌な素振りはいっさいしません。
私は膣の辺りを指で愛撫するため、そっと薄く目を開けて様子を窺ったのです。
そして絶対に流出させないから、写メさせてと言われています。
彼は相変わらず私の巨乳を撫でさすっていたのですが、そのうち息を荒げながら私の下半身に手を伸ばしてきたのです。
12歳は細身だったけれど、人からは、おっぱいはもう少し膨らみかけていると言われることも多いのです。
そして胸でペニスを挟んでしごき始めたのです。
おまんこを舐めて上げたら、私の髪の毛をかきむしりだしました。
お尻を突き出して立ちバックでする気なので、こんな変な動きになるなのかもしれません。
相手はあまり乗り気じゃなかったけど、パイズリをして気持ちよくしてあげました。
そして2時間ほど青姦をした後に、少し気持ちを落ち着けてから戻りました。
とても興奮していたので、もっと激しく扱われると思ったのですが意外に、そっと優しくしてくれたのは青姦をしているため、誰かに気付かれないためだったのでしょう。
こんなことで悩んでいるのは面倒くさいので本当にモロ見えにしてやろうかと考えるようになったのです。
そのために個人撮影できそうなチャンスがあったら、それを絶対にいかせるようにしたいのです。
誰かに自分のやったことを知って欲しくて流出させたのです。
どうしても出したい時は、無修正のDVDを見てオナニーすることもあります。
私がお願いしても、青姦はしてくれないかもしれませんね。
本当かどうかわかりませんが、11歳が全裸になったという話は本当かもしれません。
着衣のままパンツだけを脱がしてセックスすると、とても興奮することができます。
私は体中を優しく触れてもらってすごく快感を感じました。
そして、モザ無しを見た時の私はあまりにも興奮していたので、すぐにでも出そうだったのです。
それで私は、ずっと前から青姦をしたかったのだとわかりました。
つまり、甘い言葉をかけられて援交をしたくなってしまい、それで服を脱ぎだしたのです。
一人でいることが長くなるにつれ、自分も無料の画像を見てみたいと思ってしまったのです。
あまりのも暗かったため、裸になっていたかどうかわからなかったのです。
それでも、オメコを見たいと思ったので、スカートをめくり上げてパンツを脱がしました。
そんなシックスナインをされたら感じすぎて、すぐにイってしまうかもしれません。
でも、それに気付いたからといって、小学生と青姦するのをやめるつもりはありません。
そんなことに気を使っていたら3Pすることなど出来ません。
つまり、抱きたいのなら、ある程度、強引にレイプするみたいにしなければならないのです。
もしそれができないのなら、せめて、巨乳を触らせて欲しいと思ったのです。
ある時、公園で2人きりでいて沈黙してしまい、何となくそういう雰囲気になって勢いで青姦をしてしまったのです。
つまり、少し膨らんだ胸の乳首が起っていることに気付いた時に欲情してしまったのです。
まだ生理がきていなくて妊娠の心配は無かったので思うぞんぶんsexをしてしまったのです。
もともと初めてではなかったらしく、無修正のDVDを見ても、まったく恥ずかしさを感じてないみたいでした。
女子が「お願いだから顔射は許して」と懇願しているの私は容赦なく射精しました。
私が小学生の青姦の動画を見ていたことが意外だったと言うのです。
つまり男にイかしてもらいためにマンコを見せて誘っているのです。
いつもは、まずクンニをしていますが、その時は興奮していたのですぐに挿入しようとしたのです。
私がアナルに入れようとしたら、それが嫌だったらしく体をくねらせてから立ち上がったのです。
そこまで好きでもないのに青姦をしてもらえるなんて普通に考えればあるわけ無いですよね。
一緒に露天風呂に入ることを最初は照れてましたが、私の言葉に促されて入ってきました。
仮に露出することが平気ならば、人前でも服を脱ぐ事ができるはずです。
私が望むのはモザなしを見ることだったのです。
もう、それ以上は望まないと言いながら、野外でセックスすることにメチャクチャこだわっていますね。
もしかして小学生の青姦の動画を見たことあるのかと聞けば、必ず無いと返事するのが普通でしょう。
例え美少女でなくても捨てたりしません。
なぜならそれが分かっていて惚れたからです。
そして10歳は恥丘をゆっくりと撫でられ、くすぐったいのか腰を左右に動かしました。
私は「口内発射をしてもいいか」と聞きいて返事も聞かず、そのまま出してしまいました。
最初は裏ビデオを見てオナニーするのが嫌だったのですが、そのうちこれで良いんだと思うようになったら感じるようになりました。
火照った体に勃起したものもが入ってくるのを感じました。
ベンチに座って太腿を触っているうちにその気になってしまい、小学生と青姦してしまったのです。
ちょっと股間に手を入れてみたのですが、もうすでに十分に濡れていたのです。
もちろん野外で露出させて、そこまで感じたわけではないのだけれど、本当にもう少しでイきそうになりました。
まあ、相手は9歳だから、何もわからないと思い、さっさと済ませようとしました。
そう思った私は人目も気にせずに服を脱いで裸になったのです。
青姦でなければ抱く気になれない、それが私の絶対に譲れないところなのです。
草むらに身を潜めて、音をたてないように近づいて、ようやく盗撮することができたのです。
一番好みの女子が私に続いて下着を脱ぎ始めたのです。
誰かに見られているかもしれないというスリルをともなう野外での青姦が特別な興奮を呼び、あそこが、とろけそうに熱く感じたのです。
そういう肉体関係は、もうちょっと体が豊満になってからと思っていました。
でも、会えば必ず野外で露出してくれないかと頼んでくるのです。
元々無料の画像を見たいという下心があるように思えます。
その時は隠し撮りしている人なんているわけないと思っていました。
でもその前にフェラするのは嫌だと言わなきゃいけないのです。
どちらにせよモロ出しにすることには変わらないけど、とりあえず無理している感じを出したかったのです。
でもどうせ、おしっこするなら目の前でしてあげたほうがいいと考えてます。
でもとりあえず、盗撮された過去は消せないので諦めもつきますが、それが流出しないか悩んでます。
抱きたくなったら、その場で横になってくれと言うなど、とにかく行き当たりばったりに要求してきます。
その度に逆に覗かれることを心配しないで出来るところを知らないのか聞いてしまうのです。
「過去にやったところはどうか?」って聞かれて、あそこは人通りが多いから絶対にしたくないと言いました。
そんなに性欲がたまっているなら小学生の青姦の動画を見たほうがいいとのことです。
誰かにレイプされないか心配しているんだなと思ったみたいで「ここにいれば大丈夫だよ」と言われました。
「もし、傷ついたならごめんなさい」とか言ってそこに連れて行ってくれました。
どうしたらよいかと不安でいっぱいだったので、とりあえず後をついて行ったのです。
そこは割と人通りがあるところだったので、もし輪姦されそうになったら大声を出せばいいと思ったのです。
大丈夫かなと迷いつつ、ちょっと恥ずかしかったので出来るだけ音を立てないように服を脱いだのです。
「まずは騎乗位でやろうよ」と急に言われて、慌ててしまい反射的に草むらに身を潜めてしまいました。
私は小学生の青姦の動画を見たら、勃起しっぱなしになってしまい萎えるまで時間がかかりました。