2016年8月24日19:47:31 投稿

私は少女とシックスナインしました。

私は少女のシックスナイン動画を見るのがいいのです。
私は言われるまま、とうとうパンツを脱ぐように言われました。
私は初めて少女とシックスナインをして本当に興奮してしまったのです。
そして、無理やり股を開かれて処女喪失したのです。
ちなみに少女のシックスナイン動画を見て感じるのは気のせいではないのです。

私の恥ずかしいところから、ぴやぴちゃと響く音が聞こえて、それだけでもイきそうになったのです。
私は興奮するわけではなく、かといって、気持ち悪さを感じるわけでもなかったのです。
おかげで淡々とそれに集中することができました。
私は、お互いにスムーズにそれが出来るようになるためにローションを使いました。
そして、ぬるぬるとした感触を楽しんだのです。
いきなり口内発射したら悪いかなと思って、「もう出るよ」と声をかけました。
それから顔を見て「本当に可愛いなあ」と言ったのです。
これじゃあセックスしたくなっても仕方ないみたいなことを遠回しな言葉で私を納得させようとしてました。
きっと、もっと気持ちよくなりたくてシックスナインをしたいと思われてしまったかもしれません。
でも、この流れを止めたくなかったので黙って、されるがままになっていたのです。
これから、さらに激しく責められると気付き、私の体は震えました。
これから起こることへの心配と、それから期待に胸の動悸が高鳴ってました。
私は少女のシックスナインの動画を見てオナニーしました。
でも、こればっかりは手にしてからじゃないとわからないのです。
そういった想いもあって、私は大いに盛り上がったのです。
女子は、私ともうひとりだけで友達の家で男子たちと一晩過すことになったのです。
そして部屋に入るとすぐに始まったのです。
前からの知り合いだったこともあり、みんなハイテンションになっていたからです。
午後11時を過ぎた頃、ある程度 疲れてきたので、私たちはsexをすることになったのです。
一時間くらいお互いのパートナーでしていたのですが、そのうち3Pをやろうと言い出したのです。
少女とシックスナインするなんて、思ってもいなかったので、少し戸惑ってしまいました。
両手でパンツをずり下ろされて、おまんこが露わになったのです。
「すごい見て、もう濡れているよ」と言いながら、擦り付けるように顔をうずめてきます。
「乳首もさっきから起ってますよ」と言われ、恥ずかしくて赤面してしまいました。
気付けばブラジャーもたくし上げられていて、巨乳のまわりをなぞるように舐めるのです。
二人に同時に愛撫されるなんて生まれて初めてで気が変になりそうな快感が次々と襲ってきました。
もう、ここが友達の家の中だなんて考えられなくて男たちのはぁはぁという荒い息が部屋中に響き渡っていました。
私はとても気持ちよくなってしまったのです。
初めてだったのでシックスナインの快感が特に激しかったのです。
これ以上されたら壊れちゃうと我にかえったのです。
絶対にザーメン中出しとかあるんだろうなと思いました。
私は反対しようとしたのだけれど、もうひとりの子はノリノリだったのです。
あまり強くは言えなくなってしまい、結局はすることになったのです。
私は最後までいけなかった理由はわりませんでした。
まあ、そこまで嫌だったわけではありません。
いざ始まると、最初のうちは、大人しい感じだったのです。
そのうち、服の上から胸にタッチするとか、お尻を触るとか徐々にエスカレートしていったのです。
それくらいなら私も別に構わなかったのです。
レズみたいなことをすることになって、少し違うかなという気持ちになったのです。
ここまでは楽しかったし、やって良かったとも思ったのです。
ここまでしたら、もう止まらなくなるかもと心配になったのです。

私は、少女とシックスナインをしようと考えていました。

相手がそれをすることに興味が無ければ自分だけが空回りしてしまいます。
おっぱいを優しく、時に激しく揉むのです。
腰をつかまれてバックから挿入されると、また私の声が一段と高くなるのでした。
すると男は「ああ、もう我慢できなくなってきたかも」と小さな声で私の耳元に囁いたのです。
次の瞬間、熱く勃起したものを私の手にぎゅっと握らせたのです。
そして私の手に自分の手を重ね、その太く硬いものをしごきだしたのです。
それから、一旦その動きを止めて、私の口の中にそれを押し込もうとしました。
それを転がすように舐めたら、とても熱い液体が噴出して咽てしまい頭がくらくらしました。
私は少女のシックスナインの動画を見ることを気に入してしまって、それで何回もオナニーしたのです。
「あの、すいません出ちゃいました」と言って、私の口から抜きました。
それから互いの体位を入れ替えることになったのです。
絶え間ない快感が終わって、ほっと一息ついたと思った瞬間、今度は激しくオメコにむしゃぶりついてきました。
しかし、次で最後という時になって、が悪ノリをして「セックスをする!」と言ったのです。
私が無修正のDVDを見ていたことを気付いている人も少ないかもしれません。
今まで従う姿を見て笑ってきた手前もあり、全くなかったことにすることもできなかったのです。
そんな空気ではなかったから妥協をしてもらって、フェラで許してもらえることになったのです。
冷静に考えるとシックスナインをするのは気がすすまないって感じでした。
でも、本当にするよりか遙かにマシだと思ったのです。
疲れていたせいで抵抗感が薄れていたというのもあるかもしれません。
それに、許してもらった結果が、これなんだと思うと、それすら断ることなんて、できそうになかったのです。
ハアハアと荒い息があそこに当たるのです。
そして、太い指があそこに当てられたかと思うと、ゆっくり中に挿しこまれました。
私のあそこはそれを待ち望んでいたかのようにきゅうっと締め付けてくるのです。
舌ががゆっくりと忍び寄って来ると、それは私の一番敏感な部分をくすぐるようになめはじめました。
ゆっくりと指を挿入すると、一番弱い部分を押しこするようにしながら中で指を動かしてきました。
私は、シックスナインをしたら、まるで、ほとばしるような快感が走り抜けて私は、イッたのです。
激しく舐め上げる舌も少しも動きを弱めず、ぐいぐいと敏感なところを刺激されました。
気を失うほどの快感に翻弄されながら勝手に体が反っていくのでした。
波のように襲ってくる快感と共に息が荒くなって胸の動悸が止まらなかったのです。
それから、私は一気に脱力して、その場に倒れて動けなくなりました。
そして男は、ぐったりしている私の姿を見つめていました。
さらに言えば、少女とシックスナインをする事に快感すら感じるようになりました。
そこを刺激されているうちに、その部分が濡れてきて染みができました。
とても気持ち良くて、マンコが濡れてました。
話しかけても何も返事がありません。
それから後はもうどうなっても良いと思ったからです。

少女とシックスナインしたら快感が味わえるのです。

きっと、どう反応すればいいか分からなかったという感じだったのでしょう。
その後、自分が理解できたことを知られたのが恥ずかしかったのか、唇を軽く噛んだ。
「こんな感じでいいかな?」と聞くと、消え入りそうな声で返事がかえってきました。
男がふいに私の腕をきゅっとつまみました。
イったばかりで全身敏感になっているところに強い刺激をくわえられたのです。
私は反射的に甘い声を漏らしてしまったのです。
今度は太いを入れるようかと言われたのです。
私は早めに済ませてもらえるとありがたいと答えました。
それから、シックスナインをしやすい体勢になったのです。
見た目は、ちょっと太めというような印象なのに、それは対照的にあそこは強くそそり立っていました。
そのいやらしさに、私の背筋はぞくぞくしてしまいました。
私は、少女のシックスナインの動画を見てから感じやすい体になってしまいました。
私の足首を両手でぐっと掴むと、一気に大きく開かせたのです。
相手のモノの張りつめたものが、私の口にぐっと押し当てられました。
肌がこすりあわされる刺激に、私はそれだけでまた達してしまいそうだったのです。
けれど、ここまで来たなら、どうせだから別の刺激も味わっておきたいと思いました。
「フェラチオしてくれない?」と私が聞くと、素早くうなずいてくrました。
きっと今日ここへ来てから、それを要求されることになると予想していたようでした。
相手の顔色からシックスナインをするのだけは絶対に無理と感じたのです。
それでも私はしてもらうつもりでいました。
「やろうよ」ともう一度 言って、肩を掴み、自分のほうに引き寄せました。
もう抵抗する気は無くなったみたいで為すがままになる覚悟はできたみたいです。
「もう、やめて」と泣きそうな声で懇願してきましたが私は、無視して手に力を入れました。
そこにいた子はかなり早熟です。
今まで5回以上は経験しているという感じで、強く刺激してあげないと満足できないという感じでした。
そして、シックスナインを始めてから私は早くも息が乱れてきた。
私が残念に思ったのは無修正のDVDで無かったということでした。
私の中ではそれにすごい期待があったので残念です。
私はいつもやりたくて抑えがきかず、少し強引に犯してもいいと常に考えてました。
結局、自分ではすることができないことがわかっていたのです。
そのうち、少女とシックスナインすることを忘れるように努力しました。
それ以来、自分で処理していますが、もう今はそれで十分です。
その当時の事は、ほとんど思い出さなくなりました。
今、それをしてしまったら頭から離れないと思います。
せっかく諦める事ができたのに再び、離れられなくなってしまうかもと心配しています。
だから裏ビデオでも見て、本当にすることを我慢して、それで楽しむようにしています。
そんな時ほど前にしたシックスナインことを思い出して、またできないかなと思い悩んでしまうのです。
私は体の中に、熱い塊が、欲しくてたまらなくなったのです。
十分すぎるほど濡れているそこは、ぴくぴく動く肉棒をゆっくりと受け入れるのです。
もっと、奥とばかりに、私は喘ぎながら腰をそらして、もっと入りやすくしようとしました。
私には理性はほとんど残っていなかったのです。
この異常な状況に、少女のシックスナインの動画を見て痺れるような興奮を味わっていたのです。
ついに最奥までいっぱいに挿入され、私は声をあげました。
その声と同時に、男は思いきり突き上げました。
何度も、深くて激しい突き上げが繰り返されました。
それが一番いいところを何度もこすり、私は気が遠くなるような快感が沸きあがったのです。
性欲を満たすためなら無料の画像を欲しがることは仕方ないことだと思うのです。
自分の性欲を満たすためなら、好きだよと言って後はシックスナインをすればいいのです。
自分のことだけを考えて、無理矢理やってしまえばいいのです。
それが唇に触れると、舌をだしてぺろぺろと舐めだしたのです。
私の手によって、座ったまま頭を前に倒されて股間に顔をうずめるような姿勢になったのです。
その先端を唇で挟んで、可愛らしく咥えているその表情は、今にも泣き出してしまいそうでした。
しかし、もう咥えてしまったから諦めたようです。
私が頭を抑えつけなくても、勝手に顔を離したりする様子はありませんでした。
きっとシックスナインするだけで済むのなら、とでも思って身をまかせているのでしょう。
そうとならば徹底的にやらせてもらおうと思いアナルにも指を入れてみました。
また初めて部屋に連れ込んでする時は、まずは緊張をほぐすことを考えます。
気分を盛り上げるためにいつもとは違う仕方ですることに相手も納得してくれました。
これを援交することになったことが奇妙な感じがして、ちょっと思いっきり楽しむことが出来ませんでした。
今はスマホのアプリがあるので、以前と比べると 流失したものを探すことは簡単にできます。
セクシーな下着を着ていたので、私はシックスナインをしたい気分になってしまったのです。
頭が真っ白になるのを感じながら、私は首を振って気持ちがよくて何も考えられないようになってました。
気持ちよさそうでいいですねと言いながら、男が羨ましそうに呟くのが聞こえたのです。
でも私はそんなことに構っていられなかったのです。
今はただ声をあげながら、身をよじらせながら男の動きに応えることしかできなかったのです
そして体をめちゃくちゃにする勢いで突き上げながら、相手はうわごとのように呟やいていました。
私は少女のシックスナイン動画を見たら、すごく気持ちが良かったのです。